理系の自由帳

アクセスカウンタ

zoom RSS チーム・バチスタの栄光

<<   作成日時 : 2009/03/23 10:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

-あらすじ-
(上巻)東城大学医学部付属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内部調査を依頼する。医療過誤死か殺人か。田口の聞き取り調査が始まった。第4回『このミス』大賞受賞、一気にベストセラー入りした話題のメディカル・エンターテイメントが待望の文庫化。

(下巻)東城大学医学部付属病院で発生した連続術中死の原因を探るため、スタッフに聞き取り調査を行っていた万年講師の田口。行き詰まりかけた調査は、高階病院長の差配でやってきた厚生労働省のの変人役人・白鳥により、思わぬ展開をみせる。とんでもない行動で現場をかき回す白鳥だったが、人々の見えなかった一面が次第に明らかになり始め・・・・・・。医療小説の新たな可能性を切り開いた傑作。


読了。かなり今更ですね。映画を先に見ていたので、配役が完全に合いません・・・。

田口は女だと思っていたし、白鳥もまさか小太りだとは・・・。

最初はギャップに悩みましたがそこは内容の面白さにすぐにかき消されました。

医療小説ということで硬い文章を想像していたのですがなんのことはなく、

かなり読みやすく、軽快な文章で一気に読めました。

映画を見ていたのですが、また違う部分もあったりと、

本当に面白かったです。

しかし白鳥はいいキャラですね、

どうしても脳内では阿部寛になっちゃいますけど(笑)。

ちょっとずれますがバイトをしていて思っていたことで、

これ上下巻に分ける必要ないと思うんです・・・。

上下で998円ですが、一冊にしてしまえば800円くらいで済むような。

ぜんぜん感想を書いていない感想でした。



チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)
宝島社
海堂 尊

ユーザレビュー:
普通そんなヤツいない ...
「観察力」を武器にバ ...
一気によませるエンタ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)
宝島社
海堂 尊

ユーザレビュー:
強力な助っ人とともに ...
医療ミステリーとして ...
転調、そして解決。し ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チーム・バチスタの栄光 理系の自由帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる